父が教えてくれた健康的な食生活

父が教えてくれた健康的な食生活

私は健康を維持するために、食生活にはかなり気を使っています。

 

今までは好きな時に食べたいものを食べたり、偏食気味でバランスのとれた食事を摂ってきませんでした。

 

お陰で私はかなり体重が増えてしまっていたし、肌の調子も全く良くありませんでした。

 

しかしこれではダメだと思い、健康志向の父を見習って食生活の改善をすることにしました。

 

 

父がいつも言っていたのは、しっかりと野菜を食べることです。

 

ビタミンや食物繊維などを摂取できたり、メインディッシュの前に多めのサラダを食べることによって食事量をセーブできたりとメリットがたくさんあることを教えてもらいました。

 

また、油や脂肪も控えるのも有効だそうです。

 

肉を買う時は脂身の少ない物を買うようにしたり、揚げ物は極力食べないようにします。

 

私は後に一人暮らしをすることになったのですが、揚げ物の作り方を教わっていなかったこともあり自分では一切揚げ物は作りませんでした。

 

脂っこいものが好きだった私は最初こうした食事を続けられるか不安でしたが、心配はいりませんでした。

 

脂物は慣れていないとすぐに胃がムカついてしまうので、揚げ物類を食べない期間が長くなるほど身体が受け付けなくなってきたのです。

 

それと同様に甘いものも、極端な甘さのものは身体が拒絶するようになりました。

 

今私が食べているものと言えば、さっぱり系の肉魚、野菜、卵や乳製品がメインです。

 

揚げ物やお菓子は必需品ではなくなりました。

 

そのような食事を数年続けた所、身体は引き締まり肌もツヤツヤもちもちした健康的なものになりました。

 

身体の内側から元気になることが健康への一番の近道なので、こうした食生活をこれからも続けていくつもりです。